お知らせ

6月16日(金) 東京都阿佐ヶ谷でのイベント

[お知らせ]

posted on 2017.05.30

糞土師・伊沢正名×サバイバル登山家・服部文祥トークイベント

【出演】
伊沢正名、服部文祥

ノグソを始めて43年の糞土師・伊沢正名氏と、撃って登るサバイバル登山家・服部文祥氏。ノグソを通じ、あるいは狩猟を通じ、命について真剣に考え、常識を疑い、行動する二人の対談が実現!
「命を返すノグソ」と「命を奪う狩猟」、互いの活動について語ります。それぞれの新刊『葉っぱのぐそをはじめよう』(伊沢正名/山と溪谷社刊)、『アーバンサバイバル入門』(服部文祥/デコ刊)の裏話も。

2017年6月16日(金) OPEN 18:30 / START 19:30
阿佐ヶ谷ロフトA

詳しくはイベントページをご覧ください。
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/66884

6月12日(月) 静岡県御殿場市での講演

[お知らせ]

posted on 2017.05.28

「うんこはごちそう! ~命をつなぐ生態系のおはなし~」

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
<概  要>
日 程:2017年6月12日(月)
時 間:13:30~15:30(予定)
参加費:2000円(ワンドリンク付き/当日払い)
場 所:自豊暮(特別協力)
住 所:静岡県御殿場市柴怒田401-1 (ナビ専用住所 柴怒田398)
持ち物:筆記用具
定   員:10名
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
<お申込み方法>
参加希望の方は、下記メールにお名前とご連絡先、人数(お子様がいらっしゃる場合、年齢)をお知らせください。
メール/kaori.hattori0317@gmail.com
もしくは携帯080-1095-7552まで。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

5月27日(土) ノグソピア建国作業

[お知らせ]

posted on 2017.05.18

ノグソフィアHPをご覧のみなさま

こんにちは、糞弟子2号の小松学(農愚草)と申します。
茨城県桜川市にある伊沢さん宅の庭を、ノグソの楽園「ノグソピア」にしようという計画が始まりました。

ノグソピアでは、庭にある伊沢さん推薦の特上のお尻拭き植物たちを実際に手に取り、人目を気にせずにノグソを楽しみ、伊沢さんとの交流はもちろん、集まった方々との交流を楽しめる空間にしていく予定です。

この5月から、庭の整備、母屋の片付けに着手しました。不要な下草を刈り、必要な樹木は手入れをして、最も快適にノグソが楽しめるような庭に整えていこうと、様々な方に呼びかけているところです。広い母屋をいかして宿泊体験、イベント開催なども展開していきます。

興味・理解のあるみなさんとともに、楽しみながらノグソの楽園を創り上げたいと思います!
集まれそうな方は受付アドレス( nogusopia@gmail.com )までご連絡ください。

【5/27(土)ノグソピア建国作業】
・日時:5月27日(土)10時頃~17時頃(出入り自由)
・住所:茨城県桜川市(伊沢さん自宅)※詳細はお申込み後にご案内します
・内容:庭の剪定や片付け、母屋の手入れ
・昼食あり
・前夜から母屋に宿泊も可能です。

駐車場や昼食、布団の都合がありますので、
・氏名
・参加時間帯
を明記して、こちらのアドレス( nogusopia@gmail.com )までお申込みください。

今後も定期的に参加者を募りながらノグソピア作りを進めていきます。
どうぞよろしくお願いします。

ノグソピア専用アドレス
nogusopia@gmail.com (糞弟子2号 小松(農愚草))

6月1日(木) 東京都・高円寺でのイベント

[お知らせ]

posted on 2017.05.07

『野糞を続けて43年』ーー自称・「糞土師」の伊沢正名が”野糞をやめない”理由

会場  「高円寺Pundit’(パンディット)」
日時 2017年6月1日(木) 19:00 – 21:30

秘境・不思議スポット探検家の酒井透が今までに出会った人たちの中でも、激しく濃い人たちを紹介します。

自称・「糞土師」の伊沢正名さん(67)が、この43年間に野糞をしたのは1万3千回以上。
一体、何の目的でこのようなことを続けているのだろうか?
トイレにかがんでするよりも、外でする方が気持ちがいいのか?
今年1月に『「糞土思想」が地球を救う』(山と渓谷社)を出版した伊沢さんに、野糞の神髄を聞く。

【出演】
伊沢正名(自称・「糞土師」)
酒井透
(1960年生まれ。秘境・不思議スポット探検家。著書に『中国B級スポットおもしろ大全』、『未来世紀 軍艦島』などがある)
石井美紀
(ミリオン出版『実話ナックルズ』編集者)

【企画・MC】
酒井透
石井美紀

【時間】
開場19:00/開演19:30
【料金】
前売り料金¥1500円(ワンドリンク別)
当日料金 ¥2000円(ワンドリンク別)
前売り予約は、下記予約フォームまで

http://pundit.jp/events/2865/

※「お名前 / チケットの枚数 / メールアドレス / 電話番号」をご明記ください。
お問い合わせ:090−2588−9905(担当:奥野)

アクセス
東京都杉並区高円寺北3丁目8-12 フデノビル2階
JR中央線高円寺駅北中通り商店街 徒歩5分

6月10日(土) 山梨県・富士川町でのイベント

[お知らせ]

posted on 2017.05.07

いのちの循環を、親子で体感する二日間 6/10・11
~うんちはごちそう&レッツきらめ樹(皮むき間伐)体験~

山梨県の小さな山里平林地区で、いのちの循環を体感するイベントを開催します。
わたしたちが、自然の一部であり、自然に生かされている存在であること。自然界の中には、無駄なものは何もなく、すべてが循環の中にあること。たくさん笑って、体感して、親子で一緒に自然の中で過ごしてみませんか?

教科書では教えてくれないことを、ちょっとおもしろい大人の人たちから教えてもらいましょう。

【1日目プログラム】——————–
日時:6/10  14時~16時半
テーマ「うんちはごちそう」
講師:糞土師 伊沢正名さん

キノコの写真家であり、菌類のスペシャリストである伊沢さんによる「うんちはごちそう」のお話。伊沢さんは、ノグソを推進・実践しています。えー?トイレでうんちしないの?ノグソをすることで、自然界に起こることって?実は、うんちって自然界では素晴らしい働きをするんです。うんちって汚い!そんなイメージを覆す、子どもでもわかりやすく驚きがいっぱいのお話につい引きこまれてしまいます。スライドを交えたお話の後は、みんなでフィールドに出て、ノグソ実践のポイントを教えていただきましょう。

□参加費:
単発参加の場合1500円(一家族)
昼の部二日間参加の場合1000円(一家族)

□持ち物:歩きやすい靴、帽子など

【2日目プログラム】——————–
日時:6/11  10時~4時
「きらめ樹体験~皮むき間伐体験~」
講師:NPO法人森の蘇り理事長 大西義治さん

日本中にあふれる、木がひしめき合った暗い森。そこに、わたしたちが光を入れていくのがきらめ樹です。スギやヒノキの皮を剥いて、立ったまま天然乾燥させるという、女性でも子どもでも参加できる新しい森のお手入れ方法です。
日本の森と世界の森で起きていることと、きらめ樹することによって、自然やわたしたちの暮らしがどう豊かになっていくかというお話を伺います。午後は、お待ちかねの皮むき体験。これがとっても楽しいのです。剥いた皮でターザン遊びなども!ひとりの力は決して小さくないこと。500年後の森づくりを、いまココで、みんなでしましょう。
もちろん、森にトイレを作ります!

□参加費:
単発参加の場合2500円(一家族)
昼の部二日間参加の場合2000円(一家族)

□持ち物:長袖、長ズボン、歩きやすい靴、軍手、タオル、飲み物、お弁当、あればゴーグルや水中メガネ、虫除け、カッパ、レジャーシート
※希望者は、平林棚田米のおにぎり弁当を注文できます(300円/9日締め切り)

【夜のプログラム(大人向け)】——————–
日時:6/10  19時~20時くらい
「好きなことで生きる!トークセッション」

実は、糞土師の伊沢さんも、きらめ樹の大西さんも、妻より◯◯を選んだ!という、家族よりやりたいことを選んで生きておられます。今、とっても幸せなそうなお二人。そんなお二人の生き方や、価値観をのぞいてみませんか?肩の力がふ~っと抜ける!?かもしれません。お話の後は、ざっくばらんに交流会をしましょう。軽食付きですが、持ち寄り歓迎です。

□参加費:1500円 ワンドリンク(軽食付き)
子ども無料(軽食500円でご用意します)

◼️お申し込み&お問い合わせ先
農家民宿ヤマテラス 上鶴(かみづる)
090-1105-2788
good_old@icloud.com
http://www.yama-terrace.com

【会場について】
お話会会場:農家民宿ヤマテラス 山梨県南巨摩郡富士川町平林1307
※駐車場はお申し込み後にご案内いたします
※お話会後はフィールドに移動します

【宿泊について】
人数に限りがありますが、ヤマテラスに宿泊可能です
場合によっては、寝袋をご持参ください
宿泊された方は、朝、伊沢さんと再びフィールドで散策しましょう
一泊1000円/ひとり
※朝食など食事は実費
※宿泊料金はイベント特別料金です

5月14日(日) 宮崎市でのイベント

[お知らせ]

posted on 2017.05.03

葉っぱのぐそをはじめよう スライドトークと野外講座

日時: 2017年5月14日(日) 13:00~14:30 植物観察会、14:40~16:00 講演

場所: 天空カフェジール 宮崎市加江田6411

参加費: 300円(中学生以下無料)

お問い合わせ: 090-9473-7974

Facebook イベントページ:
https://www.facebook.com/events/1123717121108231/

20170514_miyazaki_s

5月4日(木・祝) 19:00~ ニコラジに生出演

[お知らせ]

posted on 2017.05.02

5月4日(木・祝) 19:00~
糞土師 伊沢がニコラジに生出演します。
http://ch.nicovideo.jp/nicoradio

5月15日(月)、16日(火) 大分県由布市でのイベント

[お知らせ]

posted on 2017.04.29

ノグソフィア ~葉っぱのぐそをはじめよう~

[日時]
2017年5月15日(月)
17~19時 伊沢さんのお話会
19時~ 親睦会(1品持ち寄り晩ごはん)

2017年5月16日(火)
10時~  お話会
11時半~ 親睦会(1品持ち寄りランチ)
12時半~ フィールドワーク

[場所]
両日共に湯布院町塚原「星降るビレッジ内」
☆塚原観光案内所まで来たらお電話下さい。

[参加費]
伊沢さんにドネーション(寄付)をお渡しください。

[申込み]
Facebookアカウントをお持ちの方は、下のイベントページの参加ボタンとコメント、もしくはメッセンジャーでご連絡下さい。
https://www.facebook.com/events/257714288025393
下記の電話でも受け付けます。

[お問い合わせ]
yumi uemura(090-1102-1774)まで

5月13日(土) 熊本市でのイベント

[お知らせ]

posted on 2017.04.26

災害時のトイレを考える
~災害に備えた生活空間のつくりかた~

日時: 2017年5月13日(土) 13:00~17:30 (開場 12:40)

場所: 熊本市現代美術館 アートロフト びぷれす熊日会館3F
熊本市中央区上通町2番3号
http://www.camk.or.jp/information/access/index.html

内容:
「アフリカでバイオトイレを普及してます!」 合同会社TMT.Japan(大分県)
「災害時のトイレ問題、提案します!」 糞土師 伊沢正名
「トイレのお供 やさしい葉っぱを紹介します!」(屋外フィールドワーク) 糞土師 伊沢正名

参加費: 無料

申込方法:
下記、お問い合わせ先まで電話かEメールにて1、氏名 2、連絡先 3、参加人数と「5月13日のイベント参加希望」の旨をお伝えください。※電話受付時間(火~土:9時~17時)

お問い合わせ先:
JICAデスク熊本 担当:阿南
電話番号:096-359-2130
Eメール:jicadpd-desk-kumamotoshi@jica.go.jp

主催: JICA九州
後援: アースウィークくまもと 2017 実行委員会、合同会社TMT.Japan、熊本市教育委員会(予定)

JICA九州WEBサイトでの告知: https://www.jica.go.jp/kyushu/event/2017/ku57pq00000gx18q.html

JICA九州 facebookページでの告知: https://www.facebook.com/jicakyushu/posts/1391394154251486

20170513_kumamoto チラシダウンロード(pdf形式/約1.4MB)

5月20日(土)、21日(日) 千葉県南房総市でのイベント

[お知らせ]

posted on 2017.04.26

『お尻で見る葉っぱ図鑑を使ったスライドトークと野外講座 葉っぱのぐそをはじめよう
ー今日から出来る糞だメンタルトレーニングー』

※糞だメンタル=fundamental(根本的な、基本、原理)
fundamentalの前には、fundament(尻の穴)があり、fundamentalの次にfuneral( 葬式、土葬)があり、その次にfungi(菌類)が続きます。お尻の穴から出る「うんこ」が、土に埋められると菌に託され、新たな命へと続くことが、辞典の中にしっかりと記されています。

開催趣旨
地震・津波・豪雨など近年多発する災害は、トイレ問題にも影響が及びます。
人間のもっとも基本的な営みである「うんこ」ができなければ、命にかかわる事態に陥ります。
災害を生き抜き、安心して暮らせる環境を取り戻すために、「葉っぱのぐそ」を提案します。
「葉っぱのぐそ」は、自然界の一員として生態系の循環を理解し、命をつないでいく方法。
自然界の分解者である菌類を長年にわたって観察し、撮影をしてきた伊沢正名さんに、
「葉っぱのぐそ」を教わり、「うんこ」になって生きる考え方をを学びます。

スライドトーク:5月20日(土) 19時~21時
『「糞土思想」が地球を救う 葉っぱのぐそをはじめよう』
(山と渓谷社)を使ったスライドトークと質疑応答。

野外講座:5月21日(日) 10時~12時
会場から近い山で、キノコ、菌の観察。
お尻ふき用という視点の葉っぱの観察。雨天時は室内。

料金:1400円(図鑑代)+カンパ
※図鑑をお持ちの方はご持参ください。
カンパは伊沢さんの交通費と活動費にあてます。
スライドトーク、野外講座のみの参加も可能です。

会場:上瀬戸さんあーる亭
(南房総市千倉町瀬戸1161、瀬戸交差点そば)
※駐車場は会場近くの駐車場、またはさんあーる無人直売所広場(いっぽん山広場)をご利用下さい。

問い合わせ・申し込み:080-6689-4512(吉良)

20170520-21_chikura チラシダウンロード(pdf形式/729KB)

ページのトップへ