長野県中川村での講演会

[お知らせ]

posted on 2012.04.30

「くう・ねる・のぐそ講演会」
いつもサッと水に流してしまうウンコ。実はそこから、人と自然、エネルギー、いろんなことが見えてくる・・

のぐそから命のつながりを日々哲学している、糞土師・伊沢さんの真面目で愉快なお話を聞いてみよう!ふ〜んと納得、思わずうふふんと笑っちゃう!

 6月2日(土)14:00~17:15(受付13:30〜、交流会18時ごろ〜)

 会場 ホンムネくん(中川村片桐の古民家寄り合い所)          

 内容 講演①(90分)「ウンコはご馳走」生態系における菌類のはたらきとウンコの実態、
             命の循環、ノグソ哲学等
    休憩(15分)
    講演②(60分)「正しいノグソのしかた」
            「お尻で見る葉っぱ図鑑」スライド
    質疑(30分)  →尽きない質疑は、引き続きの交流会で!

【ワークショップ】
 6月3日(日) 9:30ホンムネくん集合〜実習場所へ移動〜11:45ごろ現地解散
 内容:菌類による分解の観察、葉っぱ探しと尻触り(拭き心地)体験

講師 伊沢正名 さん(1950年生、茨城県在住)
   キノコの生き方に惚れ込み、写真家に。
   3千種以上のキノコ、コケ、菌類を撮影し、出した図鑑類は30冊以上。
   長年の写真家の肩書き捨て、いまは「糞土師」を名乗り、糞土研究会を主宰。
   分解者であるキノコの視点と、人間が自然にお返しできるノグソから、
   命の循環を哲学している。
   21世紀に入ってから、一度もトイレでウンコをしていない。
 
 定員 30人(先着申込順)
  
 料金 1500円(講演会) 
    ※交流会の参加費 1000円
    (カレーパーティーをします。持ち寄り歓迎。お皿、スプーン、箸は持参)
    ※6/3ワークショップは500円

 主催 ホンムネくんと愉快な仲間たち(協力 みそ部)

 申込 蓬田(よもぎだ)y.yomogida@gmail.com 080−6637−3224
    米山(よねやま) 070−6663−5875 

チラシはこちら

今、糞土師イチオシスタイルの講演会です。
是非、2日間ご参加下さい!

ページのトップへ