6月10日(土) 山梨県・富士川町でのイベント

[お知らせ]

posted on 2017.05.07

いのちの循環を、親子で体感する二日間 6/10・11
~うんちはごちそう&レッツきらめ樹(皮むき間伐)体験~

山梨県の小さな山里平林地区で、いのちの循環を体感するイベントを開催します。
わたしたちが、自然の一部であり、自然に生かされている存在であること。自然界の中には、無駄なものは何もなく、すべてが循環の中にあること。たくさん笑って、体感して、親子で一緒に自然の中で過ごしてみませんか?

教科書では教えてくれないことを、ちょっとおもしろい大人の人たちから教えてもらいましょう。

【1日目プログラム】——————–
日時:6/10  14時~16時半
テーマ「うんちはごちそう」
講師:糞土師 伊沢正名さん

キノコの写真家であり、菌類のスペシャリストである伊沢さんによる「うんちはごちそう」のお話。伊沢さんは、ノグソを推進・実践しています。えー?トイレでうんちしないの?ノグソをすることで、自然界に起こることって?実は、うんちって自然界では素晴らしい働きをするんです。うんちって汚い!そんなイメージを覆す、子どもでもわかりやすく驚きがいっぱいのお話につい引きこまれてしまいます。スライドを交えたお話の後は、みんなでフィールドに出て、ノグソ実践のポイントを教えていただきましょう。

□参加費:
単発参加の場合1500円(一家族)
昼の部二日間参加の場合1000円(一家族)

□持ち物:歩きやすい靴、帽子など

【2日目プログラム】——————–
日時:6/11  10時~4時
「きらめ樹体験~皮むき間伐体験~」
講師:NPO法人森の蘇り理事長 大西義治さん

日本中にあふれる、木がひしめき合った暗い森。そこに、わたしたちが光を入れていくのがきらめ樹です。スギやヒノキの皮を剥いて、立ったまま天然乾燥させるという、女性でも子どもでも参加できる新しい森のお手入れ方法です。
日本の森と世界の森で起きていることと、きらめ樹することによって、自然やわたしたちの暮らしがどう豊かになっていくかというお話を伺います。午後は、お待ちかねの皮むき体験。これがとっても楽しいのです。剥いた皮でターザン遊びなども!ひとりの力は決して小さくないこと。500年後の森づくりを、いまココで、みんなでしましょう。
もちろん、森にトイレを作ります!

□参加費:
単発参加の場合2500円(一家族)
昼の部二日間参加の場合2000円(一家族)

□持ち物:長袖、長ズボン、歩きやすい靴、軍手、タオル、飲み物、お弁当、あればゴーグルや水中メガネ、虫除け、カッパ、レジャーシート
※希望者は、平林棚田米のおにぎり弁当を注文できます(300円/9日締め切り)

【夜のプログラム(大人向け)】——————–
日時:6/10  19時~20時くらい
「好きなことで生きる!トークセッション」

実は、糞土師の伊沢さんも、きらめ樹の大西さんも、妻より◯◯を選んだ!という、家族よりやりたいことを選んで生きておられます。今、とっても幸せなそうなお二人。そんなお二人の生き方や、価値観をのぞいてみませんか?肩の力がふ~っと抜ける!?かもしれません。お話の後は、ざっくばらんに交流会をしましょう。軽食付きですが、持ち寄り歓迎です。

□参加費:1500円 ワンドリンク(軽食付き)
子ども無料(軽食500円でご用意します)

◼️お申し込み&お問い合わせ先
農家民宿ヤマテラス 上鶴(かみづる)
090-1105-2788
good_old@icloud.com
http://www.yama-terrace.com

【会場について】
お話会会場:農家民宿ヤマテラス 山梨県南巨摩郡富士川町平林1307
※駐車場はお申し込み後にご案内いたします
※お話会後はフィールドに移動します

【宿泊について】
人数に限りがありますが、ヤマテラスに宿泊可能です
場合によっては、寝袋をご持参ください
宿泊された方は、朝、伊沢さんと再びフィールドで散策しましょう
一泊1000円/ひとり
※朝食など食事は実費
※宿泊料金はイベント特別料金です

ページのトップへ