トイレでウンコ

[野糞の楽しみ]

posted on 2011.10.02

イチローの連続200本安打は、とうとう10年で途切れてしまいました。唯一のライバルと目していた私にとっては本当に残念ですが、イチローの次の挑戦に期待しています。そして、前人未到の大記録を打ち立てたイチローに、心から拍手を送ります。

すでにイチローの11年連続が絶望的になった9月21日、その日の分は朝のうちに山でしてきたのですが、午後になってちょっと下痢気味。雨でも余裕しゃくしゃくの私ですが、その時はトイレに入りました。別にイチローへの同情ではなく、新たな挑戦です。

来年2月に、北海道での講演が決まりました。しかし予算が少なく、大洗→苫小牧はフェリーで、そこから札幌へは電車で、安上がりに行く事にしました。講演は18〜20時。当然札幌市内泊。そして真冬の北海道。野糞には極めて厳しい環境です。都内泊でも海外旅行でも野糞で通してきた私ですが、今度のハードルは更に高く、ここは『牛乳パック携帯トイレ法』をマスターしておかなければ、と考えたしだいです。

我家のトイレは狭いうえに洋式便器。パックへの排泄と葉っぱの粗拭きは床でなんとか済ませたものの、便器から水をこぼさないように、中腰での肛門洗浄にはちょっと苦労しました。
ガムテープで封をして室内に置くこと11日間。部屋を閉め切っておくと、何となく臭っているようですが、それほどの悪臭ではありません。

そして10月2日の朝、野糞の時に山へ持って行き、中味を埋めました。ウンコの上に載っていた葉っぱはカビが生えていたものの、その姿は健在。ウンコの臭いは、少し酸っぱいような、何となく甘そうな、ちょっと発酵してる様な悪臭でした。
じつは腸内細菌による分解を調べてみようと、10日以上室温に置いておいたのですが、元々が下痢便だったためか、期待した効果は上げられませんでした。
使った牛乳パックは沢水で簡単に洗い、可燃ゴミとして出しました。

ちなみに当日分のトグロウンコは、11日の半腐れウンコに比べると、姿も臭いもはるかに良かったです。事後処理の面倒もなく、つくづく野糞の素晴らしさを感じました。

ページのトップへ